北辰テスト 大学受験 高校受験

良い個別指導講師・家庭教師の見分け方

こんにちは!otoya(@otoya_blog)です!

今回は良い講師の見分け方を教えていきます。

  • 私が1年間講師として働いた経験
  • 周りの人の教え方を実際に見た経験
  • 保護者さんのご意見

これらすべてを参考にさせていただいて考えた個人的な見解をまとめていきます。

当たり外れが多い講師を体験授業などで判別する判断材料となります。

ぜひ最後まで見ていただけると幸いです。

良い講師のポイント

一方的な授業じゃない

ただ講師が一方的に話す授業をするなら個別や家庭教師をする意味ないです。

  • 生徒が理解しているのか
  • どこがわからないのか
  • 今やりたい単元は何なのか

これらのことなどを生徒から聞いて理解しながら授業を進めるのが普通です。

講師がこのことを理解しているかを確認するのも大切ですね。

一般化・例示をしっかりしている

なんやそれ?ですよね。簡単に述べると

  • 一般化・・・問いから法則など普遍的なことを導き出すこと
  • 例示・・・問いに関することを他の例で示す

抽象的でよくわからないかもしれません。

ようは、問題をわかりやすく直してから解いていますか?

問題を解くだけでなく他の例で示していますか?

ということです。

これでは内容が少なすぎるかもしれません。

上記の二つの内容についてはこちらの記事に詳しく書いてあるのでこちらもぜひご覧ください。

穏やかな人

性格上の話になりますが、塾講師は穏やかな人に限ります。

基本的に穏やかな人ですが、時に声を荒げる人や生徒を叱る人がいます。

叱るのも時には大切かもしれませんが、内容のない叱りは意味がありません。

できることなら講師の人に一度は会って確認することをおすすめします。

そもそも家庭教師や個別教室の会社によるかも

どこの会社にも良い講師や悪い講師はいるものです。

でもできるだけ確率を高めたいですよね。

そこで私が思う良い講師の出会い方を述べてみます。

それはそこのバイトの給料を見ることです。

給料が良いということは何かしらが良いから儲かっていることでしょう。

給料が良いと相対的に講師の質も上がってくると思いませんか?

まぁそれでもはずれの講師はいるかもしれませんが、滅多に当たらないと思います。

この記事呼んでもよくわからない人へ

あとは私に直接連絡してみてください。

TwitterのDM(@otoya_blog)に連絡していただければなるべく早く返信いたします。

家庭教師の個人契約もやっているので、まずは連絡をください。

私にできることならできる限りいたしますのでどうぞご気軽に。

あ、インスタ(@otoyannma)もやっているのでこっちでもOKです。(インスタはあんま見ないかも…)

まとめ

良い家庭教師・個別教室講師を引き当てるには最終的には運です。

その運をいかに100%に近づけるかが大切です。

できることを今からしてみましょう。

良い講師に巡り合えることをお祈りします。

次におすすめの記事

-北辰テスト, 大学受験, 高校受験