大学受験 高校受験

第一志望に合格する人の特徴4選!

こんにちは!otoya(@otoya_blog)です!

今回は第一志望に合格する人の特徴をまとめました。

私の高校が偏差値70↑なのでかなり参考になるかと思います。

実際に旧帝国大学に進学した人と医学部に進学した人を参考にしているので確実です。

これを参考にしてどのようなことを意識して勉強するべきなのかを理解しましょう!

第一志望に合格する人あるある

当たり前のことを当たり前にする人

学校に毎日登校する。

宿題を期限内に終わらせる。

などなどこれらの当たり前のことを当たり前にしましょう。

当然かと思いますが、私の学校ではこれが出来ていない人がいました。

そのような人はこのようなことを言っていました。

「俺は夜型だから遅刻して仕方がないんだよ」「宿題なんて意味ないから自分に必要なものだけやればいいんだよ」

こんな人は私の経験上ほとんどが落ちています。

本当の天才型はこれでよいのかもしれませんが、そんな人はこの記事を見ていません。

まずはこれらの当たり前のことをしてから自分の勉強を考えましょう。

宿題を終わらせてから自分の課題をやるとか、遅刻しない範囲で夜更かしをするとか色々改善策は出てきます。

そちらの方に改善の意識を向けましょう。

規則正しい生活をしている人

第一志望に合格する人は規則正しいか勉強漬けしているかの二択です。

私の友達は私と一緒に、高校に7時半着になるような電車に乗って登校していました。

そして始業まで勉強をしていましたね。

それを3年間毎日継続していました。

ここまでやれとは言いませんが、上位校の人にはこのようなことをしている人がいるという事実を知ってほしいですね。

まずはいつもの電車より一本早くすることから始めてみましょう

少しの努力が実を結びます。

ほんの少しで良いので意識改革してみませんか?

いろいろな参考書に手を出さない人

有名な話なのですが、いろいろな参考書に手を付ける人は落ちる可能性が高いです。

一つの参考書を複数回やって完璧に仕上げるのが最適解です。

現に私が高校受験でそれをやっています。

中3の時に一つの塾の数学の参考書を冗談抜きで10周して第一志望の数学を満点レベルにしました。

一つの参考書・問題集を極めるのは必須です

どんなに他の参考書をやりたくなっても、今やっている参考書を自信もって終わらせたと宣言できるぐらいにする必要があります。

複数に手を出した挙句、どれもあいまいな感じで終わらせてしまった人が全落ちしていたのでそういうことです。

自分で考えることが出来る人

自分に必要なことがわからないと受験は勝ちきれません。

今、自分に何が必要なのかを理解することが大切です。

これは受験期の話に限りますが、夏以降は過去問演習に入り始めて苦手が浮き彫りになってくるはずです。

そこで何をすればよいのかを自分で考える必要があります。

一心不乱に参考書を続けたって成績はあるところで止まってしまいます。

必ず立ち止まって自分に必要なものを見直しましょう。

計画を立てるのが苦手な方へ

そうはいっても自分でスケジュールや今必要なものを調べるのって大変ですよね。

何が必要なのかわからないし、わかったとしてもどの参考書を使えばよいかわからない。

そんな人におすすめの学習サービスがあります。

それがスタディサプリです。

こちらは自宅学習のサービスで、私が実際に1年間使っていたものです。

いつでも好きな時に好きな授業を受けることが出来ます。

それだけだと普通なのですが、このスタディサプリは学習計画も担ってくれます。

個別指導コースを選択すると年間計画までサポートしてくれます

サイトだけも見ていただけると幸いです。

現環境で一番推しています。

中学講座はこちら

高校講座はこちら

最後に

結局は気合いです。

勉強を続けられる人が勝ちます。

志望校への思いが強いやつが勝ちます。

そんな奴に負けないように気合いと勉強の仕方を学びましょう。

効率よく気合もあったら最強ですよ。

-大学受験, 高校受験