大学生生活 筆者が使っているのもの 書籍

[おすすめ]理系大学生が4月に読んだ本をすべて紹介します!

こんにちは、otoya(@otoya_blog)です。

この記事では本好きの私が、4月に読んだ本をすべて紹介します。

大学で借りた本だったり、電子書籍で読んだ本だったりと様々な本があります。

簡潔に内容を述べたりしながら紹介していきます。

読んだ本(紙の本)

挑戦

京都大学の教授でIPS細胞の研究をしている山中伸弥教授と将棋界を引っ張っている藤井聡太さんが対談したものを本にまとめたものです。

ポイント

お二方の今までの経験を振り返りながらこれからの将来について述べられている。

お二人のことを何となくは知っているけれど、どのような経緯で現在に至るのかを知りたい。

今の時代にどのように生きているのかを知りたい。

このような方にはすごくお勧めです。

今かなり有名なお二方について深く知ることは無駄ではないと思います。

教養も身につくので気になる方はぜひ!

夜と霧

ヴィクトールフランクルという心理学者が書いた本です。

学生のうちに一度は聞いたことがある本の名前ではないでしょうか。

ヒトラー率いるナチスドイツ軍が作った強制収容所であるアウシュビッツに関することを書いた本です。

ポイント

あの残虐な殺戮などの全貌を知ることができる。知っていることなんてほんの一握りだったことを知ることになる。

強制収容所はアウシュビッツだけと思っていませんか?

残虐な殺人以外にもどのようなことが行われていたのか知っていますか?

これ以外にも衝撃の事実を数多く知ることになります。

過去に何があったのかを知ることは教養にもつながるし歴史を語り継ぐという大切なことです。

ぜひ興味がある方は読んでみてください。個人的おすすめです。

行動しながら考えよう

研究者の問題解決を通して人々にある悩みを解明していく本です。

10つほどの具体例を挙げて、それに該当する解決方法を述べています。

ポイント

1文で述べる簡潔な解決方法と深くまで述べたかなり具体的かつ分かりやすい解説がそれぞれセットになっている!

時間がなくてこの本で言いたいことをすぐに吸収したい人は簡潔なもの。

理由や背景までしっかり知りたい人は解説まですべて熟読する。

人によって読み方を変えることができるのが嬉しいところですね。

読書初心者の方から深くまで読みたい方まで幅広くお勧めです。

愛するということ

有名な精神学者であるエーリッヒフロムが書いた本です。

ポイント

愛について深く語っている本です。

愛という一つのテーマについていろんな視点から語られています。

隣人愛や親からの愛、恋人関係の愛まで様々です。

人間関係について悩んでいる方や愛について気になる方は一度は読んで損はない本です。

世界最先端の研究が教えるすごい心理学

心理学をわかりやすく具体的な事例を用いて述べている本です。

ポイント

勉学としてわかりにくい心理学を、具体的な事例を用いながらわかりやすく解説する本。

心理学ってメンタリストのDAIGOさんを想像したり、人を操るものだと想像する人がいるでしょう。

しかし実際の心理学はこのようなわかりやすいものではないのです。

そもそも心理学とは人を良く知り理解しよりよい社会をつくるための学問です。

人を掌握するための学問などと勘違いしないようにしましょう。

そしてこの本では具体的な心理現象を用いて日常に活かせるような内容を述べられています。

小ネタ・うんちくが欲しい方はおすすめできる本です。

ショートムービーマーケティング

tiktokを用いたマーケティングについて述べている本です。

tiktokについて一から知ることができて、どのように収益までの導線を作るかなどことが書いてあります。

内容は本当に基礎の基礎なので初めてtiktokに挑戦してみたいって方におすすめ。

逆に当たり前のことをしっかり知っている人には退屈する本かもしれません。

道はひらける

あらゆる自己啓発の頂点になった男、デールカーネギーさんが書いた本です。

読んだ本(電子書籍)

おカネの教室

お金についてを物語形式で授業してくれる本です。

ポイント

お金についての授業をしてくれる本というイメージ

天才たちのライフハック

あらゆる偉人のライフハックを学べる本です。

偉人がどのようなライフハックをしていたのか。

実際に使えるようなライフハックを教えてくれます。

具体的には、仕事の生産性をあげる・集中力をあげるライフハックなどです。

今すぐに使えるものばかりなのでぜひ読んでみてください!

本を読む手段

私は上記であるように本を2つのパターンで読んでいます。

どちらにもメリットデメリットがあるのでそれを語っていきます。

紙の本

自分で購入した本か大学の図書館で借りた本を読んでいます。

主に通学の時の電車の中や乗換待ちで読んでいます。

あとはゆっくり本を読みたいなと思うときに紙の本を読むイメージです。

大学に頼めばお取り寄せをしてくれるサービスがある学校もあります。

ただで読めるほど良いものはないので使えるものはばんばん使っていきましょ!

電子書籍

amazon kindleで読んでいます。

私はAmazon Prime Studentに入っているので本はプライム会員分は無料で読むことができます。

電子書籍はふとした時間が出来た時に読んでいます。

私はipadを所有しているので大学の空き時間にipadで読んだり、スマホで移動の隙間に読んだりしています。

とにかく隙間時間に読むイメージですね。

長時間見ていると目が疲れますから。

今回紹介している電子書籍は両方ともAmazon Prime会員なら無料で読めるものです。

これを機に入会してみてはいかがですか?

-大学生生活, 筆者が使っているのもの, 書籍